あなたのお悩みは?
・夫婦に子がない場合 
・先妻の子と後妻がいる場合 
・長男の嫁に財産を分けてあげたい場合 
・法定相続分と異なる配分をしたい場合 
・遺産の種類が多い場合 
・相続人同士の仲が悪いとき 
 
このような場合には、遺言書の作成を薦めます。