あなたのお悩みは?
◎ 相続人となるのは、配偶者、そして、子供、両親、兄弟姉妹が 原則です。 
 
  この場合、相続人同士ではほとんど知り合いですので問題は少 ないです。
1 認知した子がいた場合
 これは、亡くなった方の12歳ころ以後の戸籍を見ることによって、確認することができます。
認知した事項が、戸籍に記載されるからです。
 
 しかし、認知の訴えをされている場合、その人が無くなってから三年以内に認知の訴えが可能ですので、その三年間は、相続人が増える可能性があるわけです。
相続欠格はその事実の調査が必要で、該当者がいれば、代集相続人の調査が必要です。

また、排除は家庭裁判所への審判によってなされます。


家庭裁判所などで調査する必要があります。
 例えば、御父さんと子供が離れた場所で同じ時期に亡くなりいずれれが先に亡くなったか不明の場合、同時死亡の推定がなされ、その間では、相続はおこりません。

 したがって、それぞれの方の死亡の日時を確定できるように調査する必要があります。
 以上のように、相続人が必ずしもはっきりしない場合、調査が必要ですので、 
ご相談ください。
ファックス 075-602-1088
ファックスは番号をお間違えなく,メールはクリックして下さい。