あなたのお悩みは?
◎ 相続財産の調査には、相続人全員、特に亡くなった方の身 の回りの世話をなされていた方の協力が不可欠です。 
  例えば、その方が、亡くなった方の株券を隠していたり、 亡くなる直前に勝手に名義を変更していたりすると、調査の しようがありません。 
 
◎ やはり、相続したいなら、日ごろから被相続人の世話をき ちんとしておくことが賢明と考えられます。
1 現金
 相続人の身の回りのものを整理しているときに発見される場合がほとんどです。

 評価は発見された金額で、遺産分割協議が必要です。
 土地・建物などの不動産は、所在地の市町村役場で名寄せ帳を発行してもらいます。
 同一市町村に無い不動産については、調査がむづかしいです。

 家屋の場合は固定資産評価額が、土地の場合は路線価で算出しますが、しかし、遺産分割は時価で評価します。
3 預貯金
 相続人が口座を持っていた銀行が分かれば直接問い合わせて、死亡日の残高証明を出してもらいます。この際、同一銀行の他支店にある口座もすべて確認されるため手続きに日数がかかります。早めに調査しましょう。
 相続人の取引銀行がはっきり分からない場合は、取引が予想される銀行に手当たり次第調査をかけることになります。
 原則として、相続財産である預金は名義変更手続が完了するまでの間一時凍結されます。


評価は銀行によって残高証明された金額です。
4 株・有価証券
 株券・有価証券は、手元にあるものについては証券を確認し、それ以外のものは取引のある証券会社に確認します。
 会社を持っている場合は会社の登記簿を確認します。また、取引先等に出資している場合などもありますのでそちらも確認します。


評価方法は取引相場があれば、相続のあった日の相場の価格によって、遺産分割を行うことになります。
 宝石、貴金属、書画、骨董、家財道具、自動車など。

 宝石、貴金属、書画、骨董などは鑑定士による鑑定価格で評価します。
 一般的な家財道具や自動車の評価は同等の中古品の市場価格で評価します。
ファックス 075-602-1088
ファックスは番号をお間違えなく,メールはクリックして下さい。